松山市の賃貸・不動産・売買・管理・マンション・アパートのことなら株式会社NYホームにお任せください。

Greeting代表挨拶

言うまでもなく、大家様と入居者様とのマッチングを請け負うのが、我々仲介会社の仕事です。
しかし、アマゾンや楽天で買い物をするように、大家様と入居者様とが直接取り引きすれば、仲介会社は不要となります。
AI(人口知能)の開発によって、営業マンに取って代わるとする予測もあります。
果たして、本当にそうなっていくのでしょうか?
 
近年、愛媛でも、賃貸住宅を取り巻く環境は大きく変化してきました。

【 大家様 】

賃貸住宅は年々増加し、入居希望者は微減傾向にあるため、空室数は増加し続けている。
空室数の多さから家賃は下落し続け、47都道府県の中で愛媛県の家賃相場は最下位。
家賃も入居率も低い上に、広告掲載等の費用が嵩(かさ)み、大家様の経営は極めて厳しい。
 

【 入居者様 】

インターネットやスマートホンの普及に伴い、物件情報が簡便に手に入るようになった。
同じ物件の情報を、複数社が取り扱っていることも珍しくない。
情報が過剰に氾濫しているため、業者や物件を適正に選別することが難しくなった。

こうした利益相反の関係にある二者を取り持つ、我々仲介業者自体も混迷の渦中です。
そんな今だからこそ、一周回って人対人のコミュニケーションが求められています。

我々は、工場生産の完全無欠な製品を売っている訳ではありません。
「明るくて温かい日差しを心地良く感じる」
「広々とした開放感に満たされる」
「管理会社や御近所さんとのやり取りに癒される」・・・。

入居者が望むのは、そうした感覚も含めてのお部屋探しでしょう。
大家様の状況を理解し、悩みや嘆きに寄り添うことも、コンピュータやAIでは叶いません。

人と人との間に立ち、心と心とを通わせ合うことが、我々の目指す仲介業の原点です。